ドクター

シャープなラインが欲しい

鏡を見る人

美容整形の費用は

特に女性であれば誰でも「小顔」になりたいものです。鏡を見てすぐ目につくフェイスラインは自分でも気になってしまいますし、他人からの視線も向きやすいものです。小顔治療の専門クリニックは美容整形外科です。小顔になる方法はいくつも種類があり、どの方法で施術するのが良いのかは、患者それぞれの現状によって異なります。いわゆるプチ整形と呼ばれるものから、メスを使っての手術まで小顔になる方法は多種多様の為、その費用にも大きく差が出ますので確認していきましょう。まず始めに、小顔になる方法を大きく5つに分類します。まず一つ目は「ボトックス注射」です。美容整形においては小顔治療よりもシワ取り等で有名なボトックス注射ですが、この場合はエラ張りタイプの顔に適した治療方法になっています。先天性の、骨格によるエラ張りではなく、日々の生活の中で咬筋(噛む事て鍛えられる筋肉)が発達し、エラとなってフェイスラインを大きく見せてしまっている場合に効果のある治療です。費用の相場は2万円程です。二つ目の小顔になる方法は「バッカルファット除去」です。バッカルファットとは口の中の脂肪の事で、外から顔を見た時にほうれい線のあたりがブルドッグのように垂れ下がったタイプの顔に適した治療です。口の中を切開して脂肪を取り除くので、外から見える範囲に傷が残らないのが最大のメリットです。この治療の費用は約20万円です。3つ目は「ヒアルロン酸注射」です。顔自体が大きいという事ではなく、アゴに尖りがなくのっぺりとした見た目のフェイスラインの方に合う治療方法です。ヒアルロン酸注射は美容整形においては他の施術でも使用される大変メジャーな物で、注射なのでメスも麻酔も使わず手軽です。費用はおよそ8万円から10万円程度が相場となるようです。4つ目が「リフトアップ」です。加齢によるたるみなどで全体的にフェイスラインがすっきりしない方、正面から見た時に四角いフェイスラインになっている方に最適な方法です。リフトアップはレーザー治療と、特殊な糸を挿入する方法があります。レーザーは痛みもダウンタイムも少なく済み、施術時間も短く手軽な事がメリットで、6万円から10万円程です。糸を挿入する方法はリフトアップしたい場所をかなりピンポイントで確実に狙えるのが利点で、その費用は約30万円です。最後に、全体的に脂肪で大きく見えてしまうフェイスラインに合っている治療方法が「脂肪吸引」です。半永久的な効果が得られる事が最大のメリットで、吸引した脂肪を必要な場所に再注入して理想的なフェイスラインを作る事も可能なのがこの治療です。費用は30万円から40万円ほどかかる事が多いようです。全ての治療において共通して言えることは、施術を受ける患者個人が最適な治療方法を選ぶ事は難しいという事です。それぞれ費用が異なる為、予算との兼ね合いもありますが、後悔しない治療を受けるためには事前のカウンセリングがとても大事です。信頼できる医師としっかり相談の上、納得できる治療を受けられる事が理想のフェイスラインを手に入れる一番の近道と言えます。