ドクター

ダイエットとの併用も可能

ウーマン

変化が楽しみな画期的方法

小顔は女性にとって憧れでもあり、雑誌などのメディアでも頻繁に特集が組まれるほど関心の高い美容方法になっていて、小顔になるための努力を惜しまない女性はかなりの数に上ります。美容整形でも小顔術はとても人気で、方法としては、注射のみで済ますことのできるボトックスから、骨を切り取るような大掛かりなものまで現在種類はとても豊富になっています。ボトックス注射だと、手軽なうえ安全性も高いですが、一度の注射の持続期間は3から4か月ぐらいとされていて、持続的なケアが必要になります。頬の脂肪を取ってしまう方法は半永久的でリスクも少なく便利ですが、もっと小顔にしたい場合は直接骨を削ってしまう方法が最適です。骨切り手術は患者側からすると大掛かりで怖いイメージがありますが、ドクターはなれている人がほとんどですから、事前に親切に説明を受けることができると恐怖心も少なくなります。また、仕上がり後のイメージ画像を作成してくれる病院が多く、施術後の自分のイメージがつかみやすいため大変便利な時代になっています。そして、かなり重要な小顔の方法としては歯のかみ合わせをきれいに整えるという画期的な小顔になる方法があげられ、注目度は最近かなり上がってきています。骨格的な問題になりますが、かみ合わせが悪いと顔がたるんで来たり、あごのラインがむくんできてしまったりすりこともあるため注意が必要です。顎関節症になってしまっている場合なども顔のラインがむくんできてしまいますから、やはりしっかりとかみ合わせは整えておくことが大切になっています。最近では顎関節症を治療しただけで、かなり顔のラインがすっきりしたという人もいるほどで、小顔になる方法として決して侮れないチェックポイントになってきています。さらに細かなチェックポイントとしては、あまり片方ばかりの歯で噛まないようにして、両方でバランスよく租借することが大切になってきます。美容整形で小顔になる方法と同時に、骨格から丁寧にケアするということも大切ということですが、リンパの流れをスムーズにするマッサージも注目度満点の方法として人気があります。リンパマッサージはメイクの前にさっと施術するととても便利な方法ですが、骨切り手術や脂肪吸引手術を受けた人はさほど必要ないかもしれません。さらに小顔を極めたい場合には、骨切り手術の他にも、奥歯を4本抜いてほっそりとした顔を手に入れる、という方法もありますが、小顔になるための方法としては、大掛かりなもの種類になります。骨切り手術も奥歯を抜歯する方法も現在はかなり技術が進化していますから、昔ほど大げさな手術ととらえないでも大丈夫かもしれません。骨を切ってしまった場合などには、術後のダウンタイムはかなり慎重に過ごす必要がある上、運動も決してしないように心がける必要があります。要するに手術はドクターに任せることになりますが、大切なダウンタイムは自分できっちりと管理する必要があるということになります。手術と骨格ケアすべて施術できるとかなり小顔になるうえ、歯並びによるアプローチが加わると見違えるほど小顔になる可能性すらありますから画期的な小顔になる方法として注目度も満点です。