【症状の原因を知ることが大切】小顔になる方法を詳しく紹介

シャープなラインが欲しい

鏡を見る人

美容整形外科で小顔になる方法には様々な種類があります。ボトックス注射やヒアルロン酸注射など、いわゆるプチ整形と呼ばれるものであれば、その費用は約2万円から10万円です。その他、レーザー治療は6万円程、脂肪吸引で30万円程が相場となります。

顔を小さくしよう

レディ

まずは原因を探ろう

小顔形成手術は、なんとなく大きな手術になるんじゃないか、と考えている方も多いでしょう。もちろんそういう処置が必要になることもありますが、最近ではその日のうちに、それもメスなどは使わないで済む方法だってあるんです。なるべく無駄な時間もお金もかけたくないのは誰もがそうでしょう。一口に「顔が大きい」といってもその様態は実に様々なものです。そもそも「顔が大きく見えてしまう」のには、大きく分けて三つの原因があるとされています。小顔になる治療を施すにあたっては自分がどのパターンに該当するのかを知ることが大切です。まず一つ目が顔の骨格、筋肉の形状が由来のものです。例えば、いわゆる「エラが張っている」というようなものがそうでしょう。頬骨が極端に広がっていて、骨格そのものが顔を大きく見せてしまっているパターンです。こういった場合の多くはその部分を外科手術で削り取ってしまうというのが一般的です。他にも最近では「ボトックス」を用いた方法があります。これは、成分に筋肉を小さくさせる作用を含んだものを特定の部分に注射するというものです。これだとメスを入れる心配もありませんね。顔が大きく見えてしまう原因に筋肉の大きさがあるという方には小顔になる方法としておすすめです。顔が大きく見える原因の二つ目が筋肉の弛緩です。これは頬のたるみという症状として分かりやすく現れます。この場合「ヒアルロン酸注入」という方法を取ることがあります。ヒアルロン酸は弾力性のある物質で、注入すれば理想のフェイスラインの生成に役立ってくれるのです。ところがこのヒアルロン酸、やがて体内に吸収されてしまいます。難点を挙げるとするなら、このヒアルロン酸注入という方法は定期的に行われる必要があるということでしょうか。小顔になる方法に伴う費用負担のことも考えて慎重に選択しましょう。顔が大きく見えてしまう最後の理由とは、ずばり「脂肪」です。これには原因となっている脂肪を除去、つまり脂肪吸引という処置が取られます。また、この脂肪吸引自体は外科手術に分類されますが、最近では「ボディジェット」という外科的な処置を施さない方法も存在します。激しい水の流れを利用して脂肪細胞そのものを分解するというもので、これもまたメスを用いないため気軽に臨めるかもしれませんね。小顔になる方法というのはこのようにいくつか存在します。これらはまず自分の顔が大きく見えてしまう原因を見極めるところから始まります。原因が骨格にあるのに脂肪吸引を施しても効果は望めません。原因によっては、あるいはこれらの方法を複合的に採用する方が効果が望めるということだってあるでしょう。もちろん今回ご紹介した方法以外で小顔を目指すということもあるはずです。焦らずにまずは原因を探りましょう。それから担当の医師とよく相談し、自分に見合ったやり方を見つけることが小顔に近付く第一歩となります。また、実績が豊富な医師が在籍しているクリニックを選択すると安心して治療を受けることが出来るはずです。実績の有無は公式サイトを確認するとチェックすることが出来るはずです。

ボトックス注射がお勧め

カウンセリング

より早く、より安く小顔効果を実感したい女性にお勧めしたいのがボトックス注射です。雑誌等でも「小顔になる方法」として、頻繁に紹介されています。経験や実績が豊富な美容外科クリニックで、ボトックス注射を受けましょう。

ダイエットとの併用も可能

ウーマン

小顔になる方法はかなり多くあり、特に世の中の女性の感心を強く惹きつけていますが、最近の技術はかなり安全性が高く好評を博しています。しかし、基本的には美容整形はダウンタイムケアが重要になってくるので把握しておきましょう。